設備設計業務

イメージ

設備設計

建築設計=建物の設計と一般的には思われています、実際には建築設計は、大きく三つに分かれます。
建物のデザインを設計する(意匠設計)、建物の強い骨組みを設計する(構造設計)
建物の利用者が快適な生活をおくれるよう空調換気、給排水、電気設備の設計する(設備設計)に分かれます。
人間に例えてみれば、脳、心臓、血管、内臓のような大切な役割が建築設備です。
建物が健康であり続けるために重要な役割を担っているものが”建築設備設計”と言えるでしょう。

建築設備設計-監理から建築設計-監理まで、「環境や施設空間に着目した設備設計」をご提案

設備設計業務は、ビルやマンション、商業施設、その他大型公共施設など、建築物の種別を問わず、建築物として効率的に機能するために必要な給排水・空調・電気設備を適正に計画・設計していくものです。その中で設備研究所では、新築からリニューアル、施設規模も大規模から小規模まで、お客様のご要望に柔軟にお応えしています。

“設備研究所”だからできること

経験とデータに基づいた省エネ提案

イメージ

イニシャル、ランニング双方からのコストを考慮した省エネ設計

近年、地球環境への社会的関心が高まり、省エネ・省資源に加え、震災以降は節電要求から適正な効率運転の実現が設備設計において必須のものとなっています。設備研究所は、イニシャル、ランニングコストとのバランスを重視した設計をご提案します。

企画構想から設計・監理まで

設備研究所では、企画構想から設計・監理まで総合的に支援させていただきます。

イメージ

株式会社 設備研究所

株式会社 設備研究所

TEL
098-868-7704
FAX
098-863-3214
住所
〒900-0031
沖縄県那覇市若狭1-3-2 タカダ若狭ビル3F

MENU